バストアップイソフラボン

バストアップとイソフラボンの関係って?

「バストアップにはイソフラボンを摂取するのがいい」、そういわれています。
ですので、胸のサイズで悩んでいる女性は、「大豆を使った食品」「豆乳」など、イソフラボンを使った食べ物、飲み物を意識して口にしている方が少なくありません?

 

では、なぜイソフラボンを摂取することがバストアップにつながるのでしょう?

 

基本的に乳房は、乳腺を守るために、乳腺の部分を脂肪細胞が包みこんでいます。
ですので、乳腺が多いほど、乳房を守るために脂肪細胞が増加し、バストアップが可能になります。

 

要するに、バストアップのためには、乳腺を増やさなければならない、ということです。

 

そして、乳腺を増やすためには、乳腺細胞を増やしてくれる働きを持つ「エストロゲン」という女性ホルモンが必要です。
また、イソフラボンは体内に摂取されると、イソフラボンとエストロゲンの分子構造が似ているため、エストロゲン受容体とくっついて、エストロゲンと同じような働きをして、乳腺細胞を増やしてくれます。

 

このメカニズムによって、イソフラボンを多く含む「大豆」「豆乳」「納豆」といった食品を摂取すると、バストアップにつながる、ということです。

 

ただ、豆類、大豆類、豆乳が苦手という方も大勢いらっしゃいますよね。
そういった方は、「プエラリア」という植物を使い、たっぷりとイソフラボンを含むサプリ、「プエラメイクリッチ」や「ビーアップ」、「ベルタプエラリア」といったサプリメントをうまく使い、イソフラボンを摂取して下さい。